公開履歴
患者を診ている医者

睡眠薬や睡眠導入剤は、夜眠れない、眠っても少しのことで目が覚めてしまう、朝方になると目が覚めてしまうというような、睡眠全般の障害の改善のための薬です。
睡眠薬や睡眠導入剤を使うことの効果と副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。
睡眠薬や睡眠導入剤の効果は、薬によって違いますが、症状に合わせたものが処方されます。
寝つきが良くなったり、長時間眠ることができたり、深く睡眠ができるため、睡眠中に目が覚めてしまうことを防ぐと言った効果があります。
この効果は薬の種類により、血中濃度や半減時間の長さによって変わってきます。
では、睡眠薬や睡眠導入剤を使うことの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。
夜の就寝前に睡眠薬や睡眠導入剤を飲み就寝し、朝になってもまだ眠気がとれないため、日中になっても眠気を引きずってしまうことがあります。
そのため、車の運転や仕事に支障をきたすことがあります。
また、薬を飲んでから眠るまでの間に自分が何をしていたのかよく覚えていない、という記憶障害を起こしてしまうこともあります。
さらに薬を飲んで眠ることに慣れてしまうと、いきなり薬をやめたときに急に眠れなくなってしまうこともあると言われています。
ふらつきやめまい、喉が渇く、湿疹や肌荒れ、視覚障害、免疫力の低下といった症状も副作用だと言われています。
また、依存性が高く、使用している内に薬の量が増えていく患者が多いという傾向もあります。
これらの効果や副作用は、薬の種類とその人の体調や薬の分解速度などによって変わってきます。
眠れないことはつらいことではありますが、薬に頼るだけではなく、その根本の原因を解消していくことが重要になってきます。

記事一覧
睡眠薬の飲みすぎには注意が必要です

上手く眠ることが出来なくなってしまっている人に対して処方される睡眠薬は現在世界中で使用されるようになっているものです。 かつて使われていた者と比べれば安全性も優れたものになってきましたが、しかし睡眠薬に限らず薬は正しく使ってこそ初めて意味のあるものであることは忘れてはなりません。 特に睡眠薬で注意をしたいポイントとして押さえておきたいのが「飲みすぎないようにする」ということです。 ではどうして睡眠薬で飲みすぎないようにすることが大切なのかというと、これには幾つかの理由があります。 まず最初の理由として、この薬には依存性があるということです。 依存性とは薬を服用して行くうちに体が「この薬の成分が無くてはならない」として認識して行くことであり、これが強く残ってしまうと薬を飲まなくては眠れなくなってしまいます。 睡眠薬であれば常にこのリスクは存在していますが、基本的に多く飲むほど、長期間飲むほどそのリスクは高まることになります。 そうしたリスクを減らすために医者が薬を処方する際には量の調整を行うのですから、それを破って飲みすぎることは避けるべきでしょう。 また睡眠薬の成分が翌日まで残ってしまうと、翌日の体調に支障が出ることも押さえておかなくてはなりません。 最近の薬であれば短時間で成分が体から抜けていくため翌日まで支障が出るケースは少なくなってきましたが、それでも通常量よりも多く服用したりするとそうしたケースもあり得ます。 そうなると朝になっても起きることが出来なくなったり、起きても気だるさが続く、日中に強い眠気に襲われるなどの症状が出ることに繋がります。 万が一運転中に強い眠気に襲われるなどのことになると事故を起こしてしまうリスクもありますので、こうしたことは家訓をしなくてはなりません。 睡眠薬は上手く使ってこそ意味のあるものであり、使いすぎると意味が無くなるものだとして考えるようにしてください。

2019年09月11日
病院の睡眠薬と市販薬の違いについて

睡眠薬は病院で処方されるものとドラッグストアや薬局などで販売されているものがあります。 効果や成分などに違いはあるのでしょうか。 病院で処方される睡眠薬は医師の処方箋が必要な処方薬となります。 一般的にドラッグストアや薬局などで販売されている薬は、多くの人が手に取ることができるため、安全性が高くなくてはなりません。 そのため有効成分の濃度が抑えてあったり、取り扱いに慎重を要する薬は販売されていません。 それは睡眠薬も同様で、病院で処方されるものと市販のものとは全く別のものであると考えた方が良いでしょう。 市販されている睡眠薬は、成分的には睡眠とは全く関係なく、薬の副作用として出る眠気を利用している睡眠改善薬です。 抗ヒスタミン剤という花粉症やアレルギー、風邪などに利用される薬には副作用として眠気が強く出るため睡眠改善薬として販売されています。 副作用として眠気が強く、風邪薬などには利用されない成分が利用されています。 そのため、慢性的な睡眠障害には効果がないと言われている代わりに、癖になって薬を飲む量を増やさなければいけないということも起きづらいと言われています。 それに対して病院で処方される睡眠薬は、寝つきが悪い、眠りが浅い、朝方目が覚めてしまう、といった睡眠障害の種類に合わせて医師が処方します。 薬を飲んでから血中の濃度が高くなるまでの時間や、その効果が薄れる時間によって様々な睡眠薬があるため、患者一人ひとりの症状に合わせて処方されます。 「飲まないと眠れなくなるから不安だ」といった理由で睡眠薬を飲み続けることで、癖になりやすいと言われています。 病院で処方される薬の場合には健康保険が利用できるため、計算をしてみると市販されている睡眠薬よりは効果が高いけれど安くなると言われています。

2019年08月22日