公開履歴
患者を診ている医者

睡眠薬や睡眠導入剤は、夜眠れない、眠っても少しのことで目が覚めてしまう、朝方になると目が覚めてしまうというような、睡眠全般の障害の改善のための薬です。
睡眠薬や睡眠導入剤を使うことの効果と副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。
睡眠薬や睡眠導入剤の効果は、薬によって違いますが、症状に合わせたものが処方されます。
寝つきが良くなったり、長時間眠ることができたり、深く睡眠ができるため、睡眠中に目が覚めてしまうことを防ぐと言った効果があります。
この効果は薬の種類により、血中濃度や半減時間の長さによって変わってきます。
では、睡眠薬や睡眠導入剤を使うことの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。
夜の就寝前に睡眠薬や睡眠導入剤を飲み就寝し、朝になってもまだ眠気がとれないため、日中になっても眠気を引きずってしまうことがあります。
そのため、車の運転や仕事に支障をきたすことがあります。
また、薬を飲んでから眠るまでの間に自分が何をしていたのかよく覚えていない、という記憶障害を起こしてしまうこともあります。
さらに薬を飲んで眠ることに慣れてしまうと、いきなり薬をやめたときに急に眠れなくなってしまうこともあると言われています。
ふらつきやめまい、喉が渇く、湿疹や肌荒れ、視覚障害、免疫力の低下といった症状も副作用だと言われています。
また、依存性が高く、使用している内に薬の量が増えていく患者が多いという傾向もあります。
これらの効果や副作用は、薬の種類とその人の体調や薬の分解速度などによって変わってきます。
眠れないことはつらいことではありますが、薬に頼るだけではなく、その根本の原因を解消していくことが重要になってきます。

記事一覧
病院の睡眠薬と市販薬の違いについて

睡眠薬は病院で処方されるものとドラッグストアや薬局などで販売されているものがあります。 効果や成分などに違いは […]

2019年08月22日